猫になりたい~猫☆パラダイス~

猫になりたい管理人が、猫との暮らし方を教えます。かわいい猫動画とともに癒されましょう!

*

猫は虫歯にならないって本当?その理由は口内環境にあった

   

猫は虫歯にならないって本当?

dentist-913014_960_720

動物病院でも、獣医さんが「あーこれは虫歯になってますね」と言われることがありますが、じつは猫には虫歯がありません。

世界中の猫を探しても、猫の虫歯が見つかったケースは1件もないんですね。

歯磨きもしないのになぜ!?

その理由は、猫の歯の構造と、口内環境の成分に関係があります。

スポンサーリンク

猫の歯は食べ物クズが付着しにくい

人間の歯は、八重歯のとがった歯もありますが、ほとんどが平らで平たく、お皿のような形になっています。

これは肉でも魚でも何でも食べられるオールマイティに対応している歯の形ですが、食べ物のクズをため込みやすく、虫歯になりやすいという特徴があります。

 

対して猫の歯は、ギザギザにとがっていて、それが交差するような形になっています。

するっと食べ物が通りやすく、噛み切る歯の形になっているので、食べ物のクズが付着しにくいんですね。

この特徴から、人も八重歯は虫歯になりにくいそうです。

 

猫の口内はアルカリ性

そして最も重要なのが、猫の口内環境は虫歯菌が繁殖する環境が、そもそもないということです。

人間の口内環境はpH6.5~7.0ほどなのに対して、猫のpHは8.0~9.0ほどです。

数字上では大した違いはないように思えますが、このわずかな差で、人間は弱酸性、猫はアルカリ性という違いが生じます。

虫歯菌はアルカリ性に非常に弱いため、猫は虫歯になることがありません。

 

猫は甘いものを感じる味覚がない

猫は味覚は酸味と苦みを強く感じるだけで、甘味を感じる味覚はほとんどありません。

そのため、虫歯になりやすい生クリームやお菓子などに興味を示さず、食べる機会がほとんどありません。

これは他の動物にも特徴が当てはまりますが、犬の中でも毎日甘いものを食べていた犬には、少量の虫歯菌が見つかりました。

 

この虫歯菌はミュータンス菌といって、お皿や食べ残しなどから感染する細菌です。

猫からは今までミュータンス菌が発見されたことはなく、これが、「猫は虫歯にならない」と言われる由縁です。

スポンサーリンク

虫歯はないけど歯周病がある

猫には虫歯がないから安心!というわけではありません。

3歳以上の猫の8割は、歯周病にかかっている、または歯周病予備軍とされます。

老猫になると、歯周病が悪化して、高い確率で歯周病による口臭やよだれをたらす、餌を食べることができないなど、重大な症状を引き起こしてしまいます。

 

猫の歯が歯周病になりやすいというわけではなく、歯周病になる原因は、歯磨きをしないことです。

やはりまだまだ猫に歯磨きをする習慣は一般的ではなく、やり方もわからない、難しいために歯磨きをしていない飼い主は多いようです。

 

歯周病の症状

わたしの親戚の老猫も、12歳のころ歯周病を発症しました。

歯周病自体はもっと若いころから患っていたのでしょうが、歯周病はじわじわと進行するため、発見が遅れることが多い病気です。

それでも見た目は歯が茶色くなったり、よだれを垂らしたりと見た目ではわかりやすいのですが、それでも飼い主が気に留めずに病院にかからないケースが多いです。

 

歯周病の症状は、まず歯に変色が見られるようになります。

歯の根元の部分が黄色~茶色に変色しだし、次第に奥歯に歯石がたまり、それが巨大化していきます。

なかなか猫の奥歯をみる機会は日常ではないので、たまに猫の口を引っ張って、奥歯に異常が見られないかをチェックしておきましょう。

 

歯石がたまって固い石のようになってしまうと、もう自宅の歯磨きではとることができません。

よだれをだらだら垂らすようになり、よだれのせいで口回りはべっとり、よだれを拭く前足もベトベトになっていきます。

そのような状態になると、ウェットフードでも激しい歯の痛みにより食べられなくなり、なんとか食べようとしても無理なので、苦しい声を上げるようになります。

それでもまだ放置しておくと、食事は一切食べられなくなり、体重が減少して危険な状態に陥ってしまいます。

 

歯周病の治療方法

軽度~中度の歯周病治療は、投薬と注射により症状を抑えることができます。

定期的に病院通いにはなりますが、ご飯を食べられるようになり、猫の体にも軽い負担の治療で治すことができます。

重度になってしまうと、歯を抜く抜歯の方法がとられます。

これは全身麻酔を必要とするため、老猫やご飯を食べられなくなった猫には重い負担がかかります。

 

猫の口臭対策!2か月で歯石を除去するスプレーから予防法まで


スポンサーリンク

 - 猫の体調 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

軽度~重度まで あごの下にできる猫にきびの原因と治し方

猫にもにきびができるって知ってました? 猫は毛が生えている分にきびができても分か …

「ゲーッ」と吐く猫の毛玉ケア対策~頻度から毛球症予防まで~

猫を初めて飼う人は大抵驚きますが、猫はしょっちゅう毛玉を吐く動物です。 猫の毛の …

猫の骨折の治療費は高い!その原因と症状、治療法について

高いところが大好きな猫は、その分落ちたときに骨折する機会もじつは多いんです。 病 …

猫のノミ・ダニは人間に感染する?原因と種類別の対処法

最近毛づくろいが激しくなった・・・一部脱毛している部分がある、猫にそんな行動が見 …

うちの猫がウールサッキングになったときの布対策と寒さへの対応法

「猫が布を食べる奇病。ウールサッキングの原因と症状について」 「布を食べる猫のウ …

ただの夏バテ?それとも病気?猫が餌を食べないときの6つの対処法

「食欲不振で元気がない猫に当てはまってない?7つのチェックリスト」では、猫が餌を …

痩せすぎ・肥満を防止するための猫の体重チェック方法~平均体重まで~

うちの猫最近太ったかも・・・。 最新のデータによると、猫の肥満率は近年上昇してお …

猫のノミ・ダニを退治!治療方法と再発させない予防策まで

「猫のノミ・ダニは人間に感染する?原因と種類別の対処法」からの続きになります。 …

猫が涙を流す原因は?病気の症状別対処法

猫の目はとても大きく、人間と比べると顔のサイズの割に目が異常なほど大きいそうです …

健康に長生きしてもらうために猫の予防接種をしよう!頻度や副作用について

「予防接種のワクチンはどれを受ければいい?効果や副作用、費用について」では、猫の …