猫になりたい~猫☆パラダイス~

猫になりたい管理人が、猫との暮らし方を教えます。かわいい猫動画とともに癒されましょう!

*

これだけは守って!猫をケージ飼いするときの6つのルール

      2016/12/15

9211561-scn01

猫をケージ飼いしている人もいますが、わたしはケージ飼いは基本的に反対派です。

猫を見ていればわかりますが、猫は寒がりであり暑がりであり、自由気ままにのんびりと暮らしたい生き物です。

そんな自由の象徴ともいえる猫をずっとケージで飼うということは、全ての楽しみを奪ってしまうということになります。

 

しかし、ケージ飼いには猫にとってもメリットがある場合があります。

人にとってのケージ飼いを選択するのではなく、猫にとってケージがどういうものかということを考えてよく検討しましょう。

今回は、猫をケージで飼わなければならないという場合のため、これだけは守ってほしいことをご紹介します。

スポンサーリンク

ケージ飼いのメリットデメリット

メリット

・災害時などの緊急時に役に立つ

・引っ越しをしてもストレスが少ない

・野良猫など人に対して警戒している場合、安心できるスペースになる

 

デメリット

・猫のストレスがたまる

・運動不足になる

・骨の強度が弱くなる

・運動不足のため肥満になる傾向がある

 

総合的にデメリットが強い

ケージにもメリットはありますが、あくまでも短時間入れておく場合など、緊急時用のためが主です。

ケージは明らかに猫には狭すぎますし、長時間、ずっとケージで飼育することは、猫の健康を害し、寿命を縮める可能性を高くします。

 

猫をケージ飼いするときの最低限のルール

高さのあるゲージを用意する

ゲージはできるだけ広く、そして必ず高さのあるゲージを用意します。

猫は上下運動をしないとストレスが溜まる生き物で、高い上にジャンプしてそこから下を眺めているだけでストレス解消できます。

1階はトイレ、2階は寝床、3階は遊び場というように分けておくと猫もストレスを感じにくいです。

 

清潔を自動で保てるトイレ

猫はきれい好きな動物なので、トイレは常にきれいにしておきたいところ。

とくにケージは狭く、トイレから距離が取れないので、清潔さは必須項目です。

 

そこで便利なのが、この1週間ぶんの尿を吸い取ってくれる「ニャンとも清潔トイレ」。

尿と便の臭いを針葉樹のチップとマットで二重に吸い取り、自動で掃除をしてくれます。

猫1匹の場合、おしっこの掃除は1週間に1度しかしなくていいのが、なんとも楽ちんです。

ポイントは、ケージは狭く、トイレの入り口に入りにくくなるため、フタがないオープンケースの物を選びましょう。

 

5時間以上ゲージに閉じ込めない

猫をずっとゲージの中で飼うことは不可能です。

子猫のころからしつけたとしても、外に出たがりますし、健康状態にもよくありません。

一人暮らしで仕事で5時間以上家を空けるという場合は、猫をゲージ飼いするという選択肢はなくしましょう。

 

部屋の1室を開放するなど、広い環境を猫に用意しなければ飼うことはできません。

もしずっとゲージに閉じ込めた場合は、もちろん猫は平均寿命よりかなり短命になります。

ストレスも解消できない、自由に動けない環境が続くなら、当然そうなりますよね。

 

人がいる間はゲージに入れない

お家に帰ってきたらすぐにゲージから出して、めいっぱい遊んであげましょう。

猫じゃらしやボールなどで運動不足を解消して、いっぱいなでなでしてあげてください。

ゲージに閉じ込められているストレスはかなり大きいので、夜中も好きにさせておいて、一緒にべッドで寝るようにしましょう。

猫は夜行性と言われていますが、人と一緒に生活していると夜ぐっすり眠るようになります。

 

水はいつでも飲める状態に

ご飯は決められた時間1日に2~3回に分けてあげればいいですが、お水は24時間飲めるようにしておきましょう。

ご飯自体も、ゲージに入れるときにゲージの中でご飯をあげるという習慣をつければ、さほど嫌がらずにゲージに入ってくれます。

ゲージに入ればご飯が貰えて、数時間寝るとまたご主人が遊んでくれる、という習慣を続けることがベストです。

 

快適な温度の場所に

夏は日が差し込む窓際や、冬は広い場所にぽつんとゲージを置くなどは避けましょう。

日は時間によって角度がずれるので、それも計算に入れて必ずカーテンは閉めておきましょう。

冬はゲージ自体を毛布でくるんだり、春夏秋冬に合わせた快適な温度を保てる工夫をします。

 

とくに日本の夏はこのところ異常に暑いので、ケージで飼育する場合は、必ずクーラーが必要です。

夏はクーラーで室温を27度ほどに設定して、直接クーラーの風が当たらない場所にケージを設置しましょう。

 

冬の寒さ対策

冬の対策は、ケージに厚手の毛布をかけて、1側面だけを空気の通り道のたまにあけておきます。

そしてケージの下に、パネルヒーターを設置します。

 

これは爬虫類用ですが、爬虫類はちょっとした温度にも敏感に反応する生き物で、徹底した温度管理が必要です。

そのため「温度可変式PTCパネルヒーター」を採用しており、安全で細かな温度調節が可能です。

25~45℃の範囲で設定できるので、ケージの下に敷いて、ケージ全体を温めましょう。

一番下に猫のベッドを設置すると、床暖房のようになって冬でも暖かく過ごせます。

 

お気に入りの寝床を置いておく

ゲージの中に入れるのは数時間という前提で、ゲージの中では基本的に寝る、というように猫に覚えさせると、猫もゲージにストレスを感じずにすみます。

なので夏はひんやりベッド、冬は温かい毛布など快適な寝床を用意してあげましょう。

 

家の中で放し飼いしているとよく分かりますが、猫も猫用などではなく人間のために作られた上質な物を好みます。

人間用の毛布などがやはり冬も一番好きなので、余っているものを入れておいてあげれば大丈夫です。

 

いろいろ考えて選んだ猫ケージ

猫のゲージとしては合格点の物ですね。

3段になっていて、スペースごとに用途がはっきりしています。

できればもう少し広い遊び場をもうけたいところです。

 

 

おすすめはこちらのような2段目の遊び場もしっかり確保できるタイプ。

2段のゲージも多いですが、猫を5時間以上閉じ込めておく場合は必ず3段あるゲージを選びましょう。

 

子猫は生後3週から外に出す

子猫の時期だけ、放しておくと危ないので、ケージ飼いにしている場合。

いつからケージから出すべきかというと、できれば生後3週からは出しておきたいところです。

 

なぜかというと、生後3週~12週までの時期、猫にとって今後の性格や行動を決める、大事な「社会化期」に入ります。

社会化期は自分以外の猫や他の動物、人間と触れ合うことで、周りとの関わり方を学びます。

人慣れするのもこの時期で、子猫とたくさん触れ合うことで、人懐っこくくったくない性格の猫になります。

 

しかし、まだ危険なことに関しては無知なので、何時間も留守にしたり、家の中が片付いておらず危険な状態ならケージに入れておいたほうが安全です。

できるだけ生後3週からはケージの外に出して、たくさんのものに触れさせるようにしましょう。

スポンサーリンク

猫アレルギーでケージに入れる場合

アレルギーはそれまで症状が発症していなくても、ある日突然アレルギーになります。

人には生まれたとき持っている、アレルギーの器があるそうです。

それが小さい人は、アレルギー物質に触れているとすぐにアレルギーになってしまいます。

器が大きくても、長い時間アレルギー物質に触れることで、ある日突然、なんともなかったものにアレルギー反応を起こしてしまいます。

 

猫にもそれは当てはまり、最近くしゃみがよく出る。目がかゆい、肌がかゆい、などの猫アレルギー症状が出ることがあります。

詳しい猫アレルギーの対策は、「3匹の猫飼いが実践している猫アレルギーを克服する12の対策」をご覧ください。

猫アレルギーになったため、猫をケージ飼いしようとする場合がありますが、これはなかなか至難の業です。

 

今まで自由に動けていたスペースが、突然ケージ内という狭いスペースになり、暴れたり鳴き続けたりしてしまいます。

夜眠る間だけでもケージに入れるという、一時的な入れ方は、訓練次第で可能です。

しかし、1日中ケージに入れておくというのは難しいでしょう。

できるだけ猫のために一部屋あけて、猫専用部屋を作るなどの工夫をもうけましょう。

 

チビ猫、ケージデビュー

保護した子猫で、キャリーケースからゲージへ移したところの動画です。

ゲージはこのような野良猫を保護した時は大いに活躍しますよね。

 

野良猫は警戒心が強く、猫にとっても安心できる場所を確保したいところなので、人と猫とのスペースがくっきり分かれるゲージは理想的です。

すぐに狭くなりますが、大人になってからもゲージに入れる時間が長くなる場合は子猫のころから慣れさせておきましょう。

しかし猫はいたずらするといっても、爪とぎや寝床をお家の中に用意しておけばおかしないたずらはしません。

最初からゲージで飼うことを前提にせずに、どうしたらお家の中で共同生活できるか、ということを考えてみましょう。

 

猫をケージで飼うからには快適な生活を 元野良猫の保護

ゲージが一番の価値を発揮するとき、それは猫自身が身を守るときです。

この動画に写っている猫のジャンくんは野良猫でとても警戒心が強かったそうです。

そのため家の中を怖がり、ゲージの中が一番落ち着く環境となったそうです。

飼い主さんはジャンくんが快適に生活を送れるそうに、1日に2~3回トイレをこまめに掃除しています。

飼い主さんの猫への愛情と知識が深すぎて、とても感銘を受けました。

 

上の動画の続き。ジャン君がだいぶお家になれてきたようで、色々なものに興味を持ってきたようです。

しかしそれでもお家に危険があるといけないと思い、飼い主さんはまだゆっくり時間をかけて慣れさせていくそうです。

こんなに猫のことを想ってゲージ飼いしている人もいるんだと驚きました。

このような猫が警戒している場合、安心できる場所がゲージならこれでいいと思います。

 

新猫ちゃん ケージから脱出

マンチカンの猫でしょうか。短足の足をふりふりしてゲージの中を歩いていると、ちょっとした隙間を発見!

かわいい頭がにょきっと柵から出てきたかと思うと、体をふりふりして脱走してきちゃいましたw

猫は頭さえ通れば体もすりぬけられるので、小さい子猫をゲージで飼う場合は注意したほうがよさそうですね。


スポンサーリンク

 - 猫との生活 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

どのくらいまでの寒さなら猫は大丈夫?冬は猫が体調を崩しやすい季節

今年の冬はあったかいな~なんて思っていたら、寒波の到来! 連日寒い冬将軍が続き、 …

~熊本地震を体験して~災害時、猫をどこへ避難させれば安全か?

~熊本地震を体験して~被災したときの猫の様子と被災状態 上記記事の続きから。地震 …

動画で解説!猫が気持ち良すぎてうっとりするブラッシング方法

猫へのブラッシングって、本当に嫌いな子好きな子はっきり分かれますよね。 基本的に …

インテリアにこだわりたい!猫と快適に暮らすための部屋づくりまとめ

猫のお部屋のレイアウトって悩みますよね。 人間が過ごしやすいように、おしゃれなよ …

引っ越しは猫の最大のストレスに!軽減させる方法と新居に慣れてもらう方法

住みなれた家から新しい場所へとお引越しするとき、気になるのは猫のこと。 人間にと …

これって猫アレルギー?目・のど・鼻・皮膚の症状と対策

猫アレルギーもハウスダストも花粉も小麦もアレルギーを持っている管理人です! こん …

猫注意報!冬のこたつ・湯たんぽでの低温やけどの原因と治療方法

そろそろ本格的な冬に投入!寒さが日増しに厳しくなってきましたね。 夏の間は廊下で …

猫の上手なダイエット方法!6キロ以上のデブ猫の飼い主さん必見

うちの猫ちょっと太り過ぎかも・・・ていうかデブ猫かもしれない! 猫は毛が長いこほ …

電気体質の猫は静電気の固まり!乾燥している冬のバチバチッを防ぐ対策

秋から冬にかけてのこの寒い季節は、もふもふな冬用の毛に生え変わった猫は静電気の宝 …

子猫・野良猫に名付けたい!猫の名前ランキングトップ10

猫の人気名前ランキング アイリスから2015年版の猫の名前ランキングが発表されま …