猫になりたい~猫☆パラダイス~

猫になりたい管理人が、猫との暮らし方を教えます。かわいい猫動画とともに癒されましょう!

*

インテリアにこだわりたい!猫と快適に暮らすための部屋づくりまとめ

   

housing-900233_960_720

猫のお部屋のレイアウトって悩みますよね。

人間が過ごしやすいように、おしゃれなようにしようと思うと猫にとってよくない間取りになってしまったり。

ここに棚を置きたいのに、猫のトイレを置く場所がなくなってしまうなど、家具の位置がなかなか決まらないなんてことも。

今回は、猫にとって暮らしやすいお部屋とはどんな間取り、レイアウトにすればいいのかをご紹介します。

人間にも猫にも、暮らしやすい環境を整えて、快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

縄張りを意識する

猫は自分の縄張りを重視する動物です。

そのため、できるだけ家の中のどこにでも猫のグッズがあるほうがいいです。

ソファーやベッドにマーキング行動をしてトイレをするのは、「この部屋は自分のナワバリになっていない!」という猫の主張が隠されています。

 

その部屋に猫のトイレやご飯があれば、マーキング行動は軽減されます。

一つの部屋にまとめてトイレやご飯、おもちゃを集約させるよりは、家の中全体にバランスよく猫グッズを配置しましょう。

 

キャットタワーは窓際がベスト

猫は広い部屋よりも上下運動ができる、高さがある家具を置くことで筋肉を健康に保つことができます。

タンスなどの家具で猫が上り下りできる段差をつけるのもいいですが、おすすめはキャットタワー。

150㎝タイプのキャットタワーが多いですが、180㎝ほどの高さがあるのがおすすめです。

 

猫は人より高い位置が好きなので、180㎝の高さから頭を見下ろせるのが好きなんですね。

窓際に置くと外の景色が広々と見え、夏は自然の風で涼しく眠ることができます。

 

猫グッズは同じお店で統一する

お部屋のインテリアを綺麗にまとめるためには、キャットタワーや爪とぎ、おもちゃなどのグッズを、同じ店で統一して購入しましょう。

同じお店は色味やデザインが統一されるので、部屋全体が統一され洗練さが増します。

もちろん、インテリアに適したお店選びは必須です。

 

おすすめは「ペッツデポタウン

このお店は、わたしも利用しているお店で、オシャレな猫アイテムが揃います。
とくにホワイトとブラウン系に強く、クリーム色のキャットタワーが大活躍しています。

 

部屋に区切りを設ける

猫脱走防止パーティション
価格:36720円(税込、送料無料)

 

猫との部屋を分けたり、脱走防止のために、家の中に区切りをすることもあります。

そのようなときは、パーティッションで区切ってしまいましょう。

このような下にコロコロがついている物が移動しやすく便利です。

 

小物を置く場所はゆとりをもって

猫は小さなものを落とすことがありますが、これはスペースに余裕を持たせると防ぐことができます。

窓辺に雑貨類などを置く場合は、猫が余裕をもってそこに飛び乗れるようにしておきましょう。

猫がくつろぐスペースなく、ごちゃごちゃに物を置いてしまっては、猫にとっては邪魔でしかありません。

猫のスペースを作って、「猫も一つのインテリア」にしてしまいましょう。

 

猫用扉

 

猫は、「にゃあにゃあ~」と扉を開けて開けてを繰り返すことがよくあります。

そのくせ、扉を開けても入ってこなかったり、すぐに部屋から出ようとしたり。

気まぐれな猫との生活は、不便さを伴うことがあります。

 

そんなとき便利なグッズが、この猫用の小さな扉です。

扉に穴を開けなくてはならないため、賃貸では無理ですが一軒家なら便利なグッズです。

猫が入っても磁石がついているため、開けっ放しにならずに扉が閉まります。

 

爪とぎでボロボロを防止する対策

所定の爪とぎで爪を研いでくれないと、あっという間に家具や柱がボロボロになってしまうのが、猫を飼うことで唯一痛いところ。

とくに爪とぎの被害にあいやすいのがソファーで、他では爪とぎをしないけれど、ソファーでだけはするという猫もいます。

そんな爪とぎ対策は以下のページに詳しくまとめてあります。

 

家具がボロボロ!ソファーで爪とぎ・粗相をする猫へ効果的な対策

広い部屋、狭い部屋。猫はどっちが気に入る?

猫部屋を作るとき、猫は広い部屋と狭い部屋、どちらのほうが気に入るのでしょうか。

正解は、猫は狭い部屋の方が落ち着くことができます。

ベストな部屋の広さは6畳ほどで、猫部屋にしか猫を入れられないなら、10畳確保したいところです。

 

猫はナワバリを気にする動物なので、あまりに広いとナワバリを管理しきれなくなってしまいます。

そのため狭い一人暮らしの部屋でも、猫はのびのびと暮らすことができるんですね。

狭い部屋で飼うときのポイントは、上下運動できる場所を確保すること。

 

関連ページ

一人暮らしでも猫が飼いたい!猫と暮らすための12のルール

猫に畳はNG

和猫といえば畳が似合いますが、じつは畳は非常に厄介です。

畳は猫が爪とぎをしやすく、すぐにボロボロにしてしまし、また畳のクズが出てしまうため、掃除も頻繁にしなければなりません。

うちではあまりに畳クズが出るため、仕方なしにフローリングマットを敷きました。

猫部屋におすすめな床は、やはりフローリングです。

床をモップではわいて水拭きすれば、アレルゲン物質も飛び散らずに、アレルギーも発症しにくくなります。


スポンサーリンク

 - 猫との生活 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

どのくらいまでの寒さなら猫は大丈夫?冬は猫が体調を崩しやすい季節

今年の冬はあったかいな~なんて思っていたら、寒波の到来! 連日寒い冬将軍が続き、 …

動画で解説!猫が気持ち良すぎてうっとりするブラッシング方法

猫へのブラッシングって、本当に嫌いな子好きな子はっきり分かれますよね。 基本的に …

猫の夜泣き対策!夜にニャーニャーを防ぐ その理由とは?

猫に夜中にニャーニャーと夜泣きされてしまうと、ご近所迷惑になって困ってしまいます …

旅行に行く前 猫にお留守番してもらうとき準備して欲しい6つのこと

旅行や出張といったとき、猫を1匹でお留守番させるのは不安ですよね。 わたしの家は …

用意するものはたったの2つ!手軽にできる猫の耳掃除方法

猫って耳が飛び出ていて、一目で見て猫!とわかる特徴的な形をしていますよね。 耳は …

ファッションではなく本当に猫好きな5人の芸能人はこの人!

芸能界には猫好きな芸能人がたくさんいらっしゃいますね。 芸能界といえばオープンで …

寝る場所作ってあげてる?猫にとって一番快適な寝床を用意するためのポイント

猫の寝る場所を見ていると、季節によって、日によって、また時間によって細かく寝る場 …

20歳以上の猫を飼っている人に聞いた猫を長生きさせる9つのこと

「猫の平均寿命は何歳?」では、猫の寿命についてお話ししました。 ここ十数年で猫の …

かわいいけれど動けない!膝の上に乗ってくる猫の気持ちとは?

猫は温度の変化に敏感で、少しでも寒くなると膝の上にぴょこんと乗ってくる機会が増え …

電気体質の猫は静電気の固まり!乾燥している冬のバチバチッを防ぐ対策

秋から冬にかけてのこの寒い季節は、もふもふな冬用の毛に生え変わった猫は静電気の宝 …